リソース・ライブラリの検索

ランタイムアプリケーションの自己保護(RASP)のガイド

,

RASPがセキュリティ市場に参入する前は、業界の製品はネットワークレイヤーとホストで保護を提供していましたが、アプリケーションレイヤーではアクティブな保護がありませんでした。 WAFを除いて、実行時に制御を提供する本番環境の保護はありませんでした。また、30を超えるテクノロジーと成長に伴い、アプリケーションのセキュリティスペースは自明ではなく、明確に定義されていません。

このガイドは、エンドツーエンドのエコシステム内のアプリケーションセキュリティのさまざまな部分を識別し、アプリケーションのセキュリティ保護に焦点を当てた最新のイノベーションであるランタイムアプリケーションセルフプロテクション(RASP)の詳細を提供することを目的としています。

理解を深めるには、RASPのガイドをダウンロードしてください。

  • アプリケーションセキュリティエコシステム
  • RASPの価値と使用例
  • RASPテクノロジーの実装
  • RASPの評価基準

ホワイトペーパーをダウンロードする