WP eコマースにおける_セキュリティ状況 - JP

eコマースにおける_セキュリティ状況

image description

レポートをダウンロードする

新型コロナウイルスがeコマースにもたらした影響新型コロナウイルスの影響から、2020年は他に類を見ない年となりました。グローバルなパンデ_ミックによる影響は数多い中、オンライン小売業者の需要は大幅に増大しました。

世界中の大半の人口が様々な度合いのロックダウンを経験し、地元の食料品店にさえも買い物に行けない状況となったことで、消費者は安全性と利便性を考慮して大小さまざまな_オンライン小売業者にますます頼るようになりました。

米国単独のオンライン売上高は、2020年の最初の6カ月間で対前年比30.1パーセント増となったのに対し、全体の売上高は僅か4パーセント増でした1。米国の消費者は2020年1月から8月にかけてオンラインで4,970億ドルを支出し、130日間の日々にわたって20億ドル超の売上高を記録しました。これに対し、2019年に20憶ドル超の売上高を記録したのはわずか2日間でした2。