WP Virtual Waiting Room - Webサイトキューイングシステム | 株式会社 Imperva Japan

Home > 待合室 

Waiting Room

Waiting Roomは、Webサイトの混雑時やメンテナンス中に、訪問者のトラフィックをコントロールするのに役立ちます。お客様を先着順に仮想キューイングシステムに案内し、推定待機時間を随時更新してお知らせします。

image description

Webサイトをいつでも利用可能に

Waiting Roomを使用すると、サイト訪問者数のしきい値を設定できます。その数を超えると、訪問者は先着順で仮想待合スペースにルーティングされます

これなら訪問者はWebサイトに接続されたままなので、「サイトは現在利用できません」というメッセージに腹を立てたお客様が立ち去ってしまうこともありません。

その代わり、「仮想待合室」に手早く案内され、推定待機時間を見ることができます。

その結果、顧客はシームレスで満足度の高いユーザーエクスペリエンスを得られるので、再訪問の可能性も高まります。

データシートをダウンロードする →

waiting room mobile

「待合室」のメリット

サイトダウンの防止

サイトの混雑ピーク時に訪問者を「仮想待合室」にリダイレクトすることで、トラフィックをコントロールします。

決済放棄を防止

お客様をキューイングシステムに案内することで、ショッピングイベントによる混雑ピーク時の決済放棄を防ぎます。

メンテナンス中のダウンタイムを回避

サイトダウンを回避するため、メンテナンス中のアクセス数をコントロールします。

トラフィックをコントロールしてサービス停止を防止

お客様がダウンタイムに遭遇したり、Webサイトにアクセスできなくなったりすると、別のサイトに行ってしまう場合が多くなります。これは、収益の大幅な損失に繋がります。

Imperva Waiting Roomなら、Webサイトへのトラフィックをコントロールし続けることができ、正当なボットトラフィックを含む全訪問者を処理できるようになります。

Imperva Waiting Roomを使用すれば、訪問者は仮想「待合室」にリダイレクトされ、先着順でキュー内に配置され、随時更新される推定残り待機時間を見ることができます。

Network teams are overwhelmed mobile

必要に応じて訪問者のアクセスを管理

トラフィックの上限を設定して、サイトのメンテナンス中や訪問者の負荷が高いときなど、必要な時にはいつでも訪問者の快適性を確保します。

Imperva Waiting Roomを使用すると、トラフィックのピーク時、プロモーション期間中、ブラックフライデーやサイバーマンデーなど、訪問者の流れ次第でサイトの速度が低下し、カスタマーエクスペリエンスが悪化する可能性がある場合はいつでも、トラフィックをコントロールできます。

使い方は簡単で、ほんの数分ですぐに使用できます。

shutterstock 239022202 1 1

カスタマーエクスペリエンスの向上

Client Side Protection 2

待機時間の可視性

お客様には推定待機時間が表示され、サイトの速度低下を防ぎます

Content delivery network 3

使いやすさ

トラフィック上限と訪問者アクセス数を簡単に設定でき、そして/または自動システムを使用することもできます

Data User Behavior Security Analytics 1

カスタマイズ可能なインターフェイス

ブランドイメージに合わせて、サイトの収容人数を調整できます