WP Security Automation - セキュリティオペレーションを効率化する | 株式会社 Imperva Japan

Home > Security Automation 

Security Automation

セキュリティチームは、手作業だけでは企業全体の運用を拡大することはできません。使用するソフトウェアを連携し、分析を重要な発見へと自動的に変換し、アナリストの時間を確保するための明白なアクションを実行する必要があります。

15年にわたるセキュリティのリーダー

アクティビティ監視、データユーザー行動分析などの業界のパイオニアです。

ワークフローの効率化

自動化によって、既知の攻撃手法と機械学習を組み合わせて、データアクセスを識別します。

さらなる対策強化

正確で適切な脅威の状況を把握することで、マニュアル作業を減らし、セキュリティチームの生産性を向上させます。

デジタルインフラにおけるSOARのギャップ

サイバー攻撃への対応は、調査や対応がマニュアル作業に依存すると失敗します。SIEMとSOARのギャップは、アプリケーションとデータセキュリティに共通するものです。
SOAR gaps in digital infrastructure mobile
  • 断片化されたセキュリティツール

    多くの企業では75を超えるセキュリティ製品が企業ネットワークとデジタルネットワークで稼働しています。

  • 多すぎるコンソールとアラート

    多数のコンソール、大量のアラート、不明確な対応オプションの間で、効果的なセキュリティを実現することは容易ではありません。

  • 難しくなる正しい対応

    セキュリティオペレーションセンター(SOC)は、対処すべき問題が山積になっており、明確化するのに苦労しています。

  • レイヤーによっては困難なSOCの対応

    ウェブアプリケーションとAPI保護(WAAP)およびデータセキュリティプラットフォーム(DSP)は、対応にギャップが存在します。

コストを削減しながらセキュリティを拡張する

SIEM saving

SIEMの大幅なコスト削減

膨大な数のアクティビティから、疑わしいもの、異常なものだけにシフトすることで、お客様は何百万ドルも節約することができます。

Faster response time

解決までの時間短縮

注目すべきイベントを数秒で送信し、260以上のプレイブックで即座に対応を可能にします。

Reduce the manual effort

手作業の削減

セキュリティチームの面倒なタスクを自動化することで、より多くの時間を重大なインシデントに集中させることができます。

Security Automationの製品ポートフォリオ

概要

Impervaは、アプリケーション、ネットワーク、クラウドデータベースに対して、新たな攻撃、自動化された攻撃、内部攻撃に対するクラス最高のセキュリティを統合します。脅威インテリジェンスとパターン認識により、新たな攻撃からお客様を保護します。

DatabaseRiskandCompliance 1
詳細はこちら
DatabaseRiskandCompliance 1

概要

Imperva Sonarは、オンプレミスおよびクラウドの異なる環境から、複数年にわたるリテンション、分析、レポートを一元化します。エンリッチメント、オーケストレーション、自動化により、インシデントへの最速の対応を実現します。

Data User Behavior Analytics 1
詳細はこちら
Data User Behavior Analytics 1