WP 最新のWebアプリケーションの保護する包括的なソリューション | 株式会社 Imperva Japan

Home > 最新のWebアプリケーションを保護する 

最新のWebアプリケーションを保護する

未知の脆弱性は、従来の防御システムを突破する可能性があるため、あらゆるレイヤーで情報を保護する包括的な方法が必要不可欠です。アプリケーションは、ランタイム中に内部からの保護が必要です。現代の企業は、さまざまな種類の攻撃から効果的に保護するために、複数のレイヤーでセキュリティを確保する必要があります。

アナリストの評価

Gartner社のMagic Quadrant™ WAAP部門で8回にわたりリーダーに選出されました。

NIST基準へ準拠

最新のNIST800-53は、サプライチェーン攻撃に対してランタイムプロテクションを推奨しています。

アプリケーションセキュリティの統合

Omdia Market Radarにおいて、次世代のアプリケーションセキュリティ(ランタイム部門)のリーダーに選出されました。

全てのレイヤーで脅威を軽減するための課題

今日の攻撃は進化しており、従来のセキュリティアプローチを回避しています。また、さまざまなレイヤーから侵入し、企業の防御を容易に突破しています。
The challenge of mitigating threats mobile 1
  • 境界内に潜む新たな脆弱性

    脆弱性の数が多いため、従来のセキュリティで誤検知を管理し、未知の脅威から保護することは効果的ではありません。

  • 最新のアプリケーションの挙動は複雑

    新しいテクノロジーが企業に普及するにつれ、マイクロサービス、API、コンテナの融合は、セキュリティチームが理解すべき新たな課題をもたらしています。

  • ゼロデイ脆弱性とサプライチェーン攻撃

    従来のソリューションでは、アプリケーション間のトラフィックを可視化し、既知の脅威から保護するだけに過ぎません。ソフトウェアのサプライチェーン内のゼロデイ脆弱性の課題はそのままです

  • データベースのネイティブ監査だけでは不十分

    アプリケーション開発環境において、それを補うコントロールがなければ、開発チームは未知の脆弱性を持つリスクの高いサードパーティコードに手作業で対抗しなければなりません。

サードパーティアプリやオープンソースコードを含む、すべてのアプリケーションに対する包括的なセキュリティ

統合ソリューションは、個々のコンポーネントが互いに連携します。そして、従来のセキュリティソリューションでは対応出来ない新しい脆弱性に対して、完全な可視化と自動的な軽減措置を提供することができます。
Comprehensive security over all applications including third party apps and open source code mobile 1
  • ネットワークのエッジ境界の保護と監視

    ネットワークトラフィックを監視し、自動化されたセキュリティと統合された分析によって、アプリケーションの外部に存在する潜在的な脅威を捕捉することができます。

  • APIを取り残さない

    セキュリティは、本番前にAPIを確認し、サインオフすることで、DevOpsの先陣を切る必要があります。そのためには、すべてのAPIの検出と機密データを自動的に分類する必要があります。

  • ゼロデイ攻撃からサプライチェーンの保護

    コードレベルの保護を使用することで、組織のセキュリティインテリジェンスは、サードパーティのアプリケーションやオープンソースのコードにおける攻撃を自動的に軽減することができます。

  • 妥協のないセキュリティとサーバーレスの実現

    自動化された軽減措置により、開発状況に合わせてセキュリティを提供し、DevOps 、DevSecOps チームがコードや設定を変更せずに保護できるようにします。

監査とリスクの緩和による大幅なコストダウン

軽減措置の自動化

セキュリティの盲点を自動的に発見し、緩和することができます。

多層防御

すべての最新アプリとAPIをあらゆるレイヤーで保護します。

コンプライアンスの確保と脅威の特定

コードレベルの保護で開発に対応します。

ImpervaはどのようにWebアプリを保護するのか?

WAF 1

Web Application Firewall (WAF)

誤検知を最小限に抑えてアプリケーション攻撃を阻止し、ビジネスを継続させます。

API Security 1

API Security

脆弱性を検出し、ポジティブセキュリティモデルでAPIを保護します。

RASP 1

Runtime Protection

サプライチェーン攻撃やその他のゼロデイ攻撃からアプリケーションを内側から保護します。

serverless Protection 1

Serverless Protection

開発に歩調を合わせ、サーバーレス機能におけるセキュリティの盲点を明らかにします。

Client Side Protection

Client-Side Protection

フォームジャッキング、デジタルスキミング、MagecartなどのWebサイトのサプライチェーン攻撃によるオンライン詐欺を防止します。