WP オンライン詐欺防止と保護サービス|株式会社 Imperva Japan

Home > オンライン詐欺を防ぐ 

オンライン詐欺を防ぐ

オンライン詐欺による損失は、ID詐欺、偽アカウント、支払い詐欺などの増大によって、今後5年間で2,060億ドルを超えると予想されています。企業・組織は、アプリケーション上での不正行為を検知して阻止する必要があります。

アナリストの評価

ForresterWave™2022年第2四半期のボット管理分野にてリーダーとして選出

レポートを読む

卓越したボット検知技術

正当なユーザーに不便を感じさせることなく、人、良いボット、悪いボットのトラフィックを可視化してコントロール

詳細はこちら

顧客満足度

先進のボットプロテクションで攻撃を阻止

導入事例を見る

データのステルス漏えいと自動攻撃の巧妙化の時代におけるオンライン詐欺

機密データを盗む卑劣なクライアントサイド攻撃から、それを利用して詐欺を実行するボットまで、オンライン詐欺は大幅に進化し、従来のセキュリティツールでは対応できなくなっています。詐欺の金銭的動機は高まり、攻撃コストは低下し、リスクが高まっています。

Online fraud in the era of stealth mobile 1
  • 保護すべき消費者の増加

    パンデミックによりデジタル決済への移行は加速しています。保護すべきアカウントや取引が増加するとともに、詐欺のリスクは高まっています。

  • 不正利益を生む詐欺

    漏えいしたクレデンシャルとカード番号をオンラインで購入し、ボットを利用してそれをWebサイトでテスト・検証することが容易になり、オンライン詐欺の収益性が増大しています。

  • 日々学習するボット

    ボットによる攻撃手法は絶えず進化しており、従来のボット対策をすり抜け、オンライン詐欺を実行しています。

  • 詐欺手順の巧妙化

    クライアントサイドへの攻撃は、侵害されたJavaScriptを悪用して機密データを盗むものです。盗まれたデータは、自動搾取やアカウントの乗っ取りを実行するボットのフィードに利用されます。

変化を続ける脅威に対して、オンライン詐欺対策も絶えず進化しなければならない

Online fraud prevention mobile 1
  • カスタマーエクスペリエンスと保護の両立

    自動化された不正行為を阻止しながらも、正当なお客様に不便を感じさせないために、最先端の検出技術が必要です。

  • 顧客アカウントの保護

    攻撃の試み、漏えいしたユーザーのクレデンシャル、侵害されたユーザーアカウント、不正ログインの成功例などを明確に可視化します。

  • 消費者データのプライバシー確保

    承認されていないサードパーティのコードをブロックするだけで、侵害されたサードパーティのJavaScriptによる顧客データの盗難を防ぎます。

  • 自動詐欺との戦いにおける心強い味方

    自動詐欺という分野の専門家であり、悪意あるボットと長年戦ってきた経験豊富なアナリストが献身的なサポートを提供します。

自動化で、規制コンプライアンスのコストを削減

コスト削減

チャージバックやカスタマーサポートのコストなど、詐欺による直接・間接のコストを最小限に抑え、ITチームが最重要事項に集中できるようにします。

リスクを事前回避

PCI、GDPR、CCPAなどのデータプライバシー規制に違反するリスクを軽減します。

カスタマーエクスペリエンスの向上

正当な消費者に不便を感じさせることなく検知を行うことで、カスタマーエクスペリエンスを向上させ、コンバージョン率を高めます。

Impervaがオンライン防止に役立つ理由

Advanced Bot Protection 1

高度なボット対策

正当なユーザーに影響を与えずに、自動化された不正行為からWebサイト、モバイルアプリ、APIを保護します。

詳細はこちら
Data Privacy 1 5

アカウント不正対策

アカウント不正詐欺を先手でブロックし、被害を受ける前に消費者に通知します。

詳細はこちら
Client Side Protection 1

クライアントサイドの対策

フォームジャック、デジタルスキミング、MagecartなどのWebサイトサプライチェーン攻撃によるオンライン詐欺を防止します。

詳細はこちら