WP HIPAA対応セキュリティソリューション - 患者データ保護|株式会社Imperva Japan

Home > 医療機関の保護 

医療機関の保護

個人の健康情報 (PHI) を保護し、いかなる場所にある医療アプリケーションとデータを保護することで、HIPAAへの準拠を実現します。患者とその機密データを安全に保ちます。

image description

業界の課題

Safeguarding patient data 1

患者データの保護

医療提供者は、オンプレミス、クラウド、ハイブリッド環境で患者データを保護する必要があります。

詳細はこちら
Protecting healthcare applications 1

ヘルスケアアプリケーションの保護

セキュリティチームは、詐欺、Web攻撃、DDoS攻撃からアプリケーションデータを保護する必要があります。

Preventing DDoS attacks and downtime 1 1

DDoS攻撃とダウンタイムの防止

DDoSやDNS攻撃によるダウンタイムは、適切な患者ケアを妨げます。また自動対応が重要になります。

Identifying bad bots 1

不正なボットの特定とアクセスの保護

ネットワークに侵入し、患者データにリアルタイムでアクセスしようとする悪意のあるボットを発見します。

Impervaがどのように貢献するのか

Healthcare industry how Imperva can help mobile 1
  • 機密性の高い患者データの保護

    Impervaのデータセキュリティソリューションは、患者の機密データを不正アクセスから保護し、さまざまなデータへのアクティビティを監視し脆弱性や不審な動作を特定します。

  • 攻撃や不正行為からの医療アプリケーション保護

    EHR/EMRソフトウェアとサードパーティ製アプリケーションは、医療分野で広く導入されており、ハッカーのための脆弱なエントリーポイントを作成します。Impervaアプリケーションセキュリティソリューションは、ウェブ攻撃、DDoS、サイトスクレイピング、および詐欺からアプリケーションデータを保護します。

  • 一貫性のある患者への対応とシステムの可用性の確保

    DDoS攻撃は、適切な患者ケアを提供するためにネットワークへのアクセスを必要とする医療提供者に深刻な問題を引き起こします。 Imperva DDoS Protectionは、クラウドベースのDDoSセキュリティを提供し、規模に関係なく、あらゆるタイプのDDoS攻撃を自動的に検出しブロックします。

  • 患者データと医療アプリケーションを悪意のあるボットから保護

    悪意のあるボットがネットワークに侵入し、オンラインの医療システムや患者の個人情報にアクセスするのを検出して防止します。 Imperva Advanced Bot Protectionは、機械学習とボットトラフィック分析を使用して、ボットの不正な動作を迅速かつ正確に特定し、自動化された攻撃からウェブサイト、モバイルアプリケーション、およびAPIを保護します。

Impervaがどのように貢献するのか

  • 機密性の高い患者データの保護

    Impervaのデータセキュリティソリューションは、患者の機密データを不正アクセスから保護し、さまざまなデータへのアクティビティを監視し脆弱性や不審な動作を特定します。

  • 攻撃や不正行為からの医療アプリケーション保護

    EHR/EMRソフトウェアとサードパーティ製アプリケーションは、医療分野で広く導入されており、ハッカーのための脆弱なエントリーポイントを作成します。Impervaアプリケーションセキュリティソリューションは、ウェブ攻撃、DDoS、サイトスクレイピング、および詐欺からアプリケーションデータを保護します。

  • 一貫性のある患者への対応とシステムの可用性の確保

    DDoS攻撃は、適切な患者ケアを提供するためにネットワークへのアクセスを必要とする医療提供者に深刻な問題を引き起こします。 Imperva DDoS Protectionは、クラウドベースのDDoSセキュリティを提供し、規模に関係なく、あらゆるタイプのDDoS攻撃を自動的に検出しブロックします。

  • 患者データと医療アプリケーションを悪意のあるボットから保護

    悪意のあるボットがネットワークに侵入し、オンラインの医療システムや患者の個人情報にアクセスするのを検出して防止します。 Imperva Advanced Bot Protectionは、機械学習とボットトラフィック分析を使用して、ボットの不正な動作を迅速かつ正確に特定し、自動化された攻撃からウェブサイト、モバイルアプリケーション、およびAPIを保護します。

Impervaデータアクティビティモニタリング

Imperva DAMは、オンプレミスまたはクラウド環境全体を継続的に監視し、各データベースに「誰が、何を、いつ、どこで、どのように」アクセスしたかを特定します。増え続ける医療分野の規制推進要因への対応を支援します。

Imperva Web Application Firewall (WAF)

Webアプリケーションによって送受信されるすべてのePHIの機密性と整合性を確保することにより、連邦HIPAAセキュリティルールのセクション§164.306に準拠します。

Imperva Sonar

サードパーティのEMRソフトウェアに存在するデータの可視性と保護を提供します。 HITRUSTおよびHIPAAのニーズを満たす為に分類と緩和策を活用し、マルチクラウドおよびオンプレミス環境を監視します。