WP 公共機関のサイバーセキュリティ- 機密データの保護|株式会社Imperva Japan

Home > 公共機関のサイバーセキュリティ 

公共機関のサイバーセキュリティ

公共機関に多層防護セキュリティを提供します。 Impervaは、クラウドやオンプレミス環境において、サイバー攻撃の防止、内部脅威の特定、データコンプライアンスを支援します。

image description

業界の課題

Application Security in Federal Governments

公共機関のアプリケーションセキュリティ

アプリケーション、API、機能を保護し、攻撃を正確にブロックすることにより、機密データの安全性を維持します。

Complex global data regulations

複雑なグローバルデータ規制

国境を越えたデータ保護の規制とプロセスに準拠し続けることにより、ペナルティを回避します。

詳細はこちら
Cloud Migration

クラウド移行

AWS、Google Cloud、Azureを使用して、データセンター機能をクラウドに簡単に移行できるようにします。

Sensitive data exposure

機密データの漏えい

オンプレミスやマルチクラウドのインフラ全体で機密データへの悪意あるアクセスを回避します。

Impervaがどのように貢献するのか

How Imperva can help government industry mobile
  • 公共機関の機密データの保護と監視

    Impervaのデータセキュリティソリューションは、どのような環境でも大量の機密性の高い管理市民データやデータベースを保護し、データの盗難を防ぎます。

  • 信頼性とコンプライアンスを備えたクラウドへの移行

    Impervaセキュリティソリューションは、オンプレミス、クラウド、ハイブリッド環境のいずれにおいても、リスクを軽減し、資産の安全性を確保します。これにより安全性とコンプライアンスを維持しながら、DXを成功させ、効率的に行うことができます。

  • データとアプリケーションアクティビティをインシデント対応に統合する

    Imperva Sonarは、重要なシステムを保護するために継続的な分析を適用します。常時自動化とは、新しい攻撃やゼロデイ攻撃を防ぐための迅速な適応を意味します。 ウェブサイトやAPIから、構造化・半構造化・非構造化データに至るまでのアクティビティを分析します。

  • データプライバシーコンプライアンスの負担を軽減

    個人情報を保護するGDPR、CCPA、PDPA、その他国内規制のコンプライアンスを確保すると同時に、個人データの収集、使用、共有方法を容易に管理できます。

Impervaがどのように貢献するのか

  • 公共機関の機密データの保護と監視

    Impervaのデータセキュリティソリューションは、どのような環境でも大量の機密性の高い管理市民データやデータベースを保護し、データの盗難を防ぎます。

  • 信頼性とコンプライアンスを備えたクラウドへの移行

    Impervaセキュリティソリューションは、オンプレミス、クラウド、ハイブリッド環境のいずれにおいても、リスクを軽減し、資産の安全性を確保します。これにより安全性とコンプライアンスを維持しながら、DXを成功させ、効率的に行うことができます。

  • データとアプリケーションアクティビティをインシデント対応に統合する

    Imperva Sonarは、重要なシステムを保護するために継続的な分析を適用します。常時自動化とは、新しい攻撃やゼロデイ攻撃を防ぐための迅速な適応を意味します。 ウェブサイトやAPIから、構造化・半構造化・非構造化データに至るまでのアクティビティを分析します。

  • データプライバシーコンプライアンスの負担を軽減

    個人情報を保護するGDPR、CCPA、PDPA、その他国内規制のコンプライアンスを確保すると同時に、個人データの収集、使用、共有方法を容易に管理できます。

Impervaデータアクティビティモニタリング

GDPRの第25条への対応。Imperva DAMによってデフォルトでのデータ保護と設計について説明しています。オンプレミスまたはクラウド環境全体を継続的に監視、分類、保護し、各データベースへ「誰が、何を、いつ、どこで、どのように」アクセスしたかを特定します。

Impervaアプリケーションセキュリティソリューション

高度な攻撃を防止し、セキュリティ規制に対応します。自動化された攻撃。また、アプリがオンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドのどこにあっても同じことができます。

Impervaランタイムアプリケーション保護 (RASP)

どこでも侵害されたサプライチェーンコードから保護します。 NIST SP 800-53改訂5ドラフト、セクションSI-7(17)は、ソフトウェアセキュリティの脆弱性によるサプライチェーン攻撃のリスクを軽減するためのコントロールとしてのランタイム保護(RASP)の概要を示しています。