WP DevOpsへのアプリケーションセキュリティの組み込み | 株式会社 Imperva Japan

Home > DevOpsへのセキュリティの組み込み 

DevOpsへのセキュリティの組み込み

クラウドネイティブアプリケーションによって、インフラにコードとして定義される最新のコーディングは、信じられないほどのスピードで作成、テスト、展開されます。最新のアプリケーションを導入することで新たな攻撃対象が生まれると同時に、DevOpsはアプリケーション開発のスピードの必要性とセキュリティの要求のバランスをとるという困難な課題を抱えています。

実績のあるリーダーシップ

ガートナー社のマジック・クアドラントでWAAPのリーダーとして評価されています。

詳細はこちら

DevOps環境に合わせたセキュリティ

90%のお客様が新しい攻撃ベクトルから防御するためにブロッキングモードと内部からの防御を導入しています。

詳細はこちら

お客様の声

2021年12月時点において、WAAP市場でのImpervaに対する総合評価は103件回答に対して5段階中4.7です。

詳細はこちら

現代のコーディングにおける新たな課題とリスク

最新のアプリケーション開発では、クラウド、モバイル、IoTにより、開発スピードが速くなっています。このようなダイナミックな環境は、セキュリティリスクの新しいパラダイムを生み出します。

New challenges and risks of modern coding mobile 1
  • 新しいITパラダイムにおけるパッチ適用と脆弱性解決の複雑性の増大

    ハイブリッド企業では、何千ものコンテナやサーバーレス環境を、それぞれが異なるバージョンのオペレーションシステムファイル、パッケージ、実行可能ファイルを持つ中で、どのように管理すべきでしょうか

  • 新たな API トレンドの全社的な把握

    オンラインからモバイルまで、あらゆるデジタルを牽引するAPIは、企業全体で成長を続け、新たな攻撃対象になります

  • スピードの最大化と継続的改善のための自動化

    最新のアプリケーション開発環境では、セキュリティ上の反復処理を迅速に実行し、更新を継続的に監視し、異常が発生した場合に自動的にアラートを送信します。

現代のコーディングにおける新たな課題とリスク

最新のアプリケーション開発では、クラウド、モバイル、IoTにより、開発スピードが速くなっています。このようなダイナミックな環境は、セキュリティリスクの新しいパラダイムを生み出します。

  • 新しいITパラダイムにおけるパッチ適用と脆弱性解決の複雑性の増大

    ハイブリッド企業では、何千ものコンテナやサーバーレス環境を、それぞれが異なるバージョンのオペレーションシステムファイル、パッケージ、実行可能ファイルを持つ中で、どのように管理すべきでしょうか

  • 新たな API トレンドの全社的な把握

    オンラインからモバイルまで、あらゆるデジタルを牽引するAPIは、企業全体で成長を続け、新たな攻撃対象になります

  • スピードの最大化と継続的改善のための自動化

    最新のアプリケーション開発環境では、セキュリティ上の反復処理を迅速に実行し、更新を継続的に監視し、異常が発生した場合に自動的にアラートを送信します。

安全なアプリケーションの革新を加速

Accelerate application innovation with secure confidence mobile 2
  • あらゆるワークロードに対応する自律的かつ弾力的なセキュリティ

    レガシー、API、マイクロサービス、サーバーレス機能など、あらゆる形態のアプリケーションを保護します。

  • 包括的なAPIの可視化と監視

    APIの常時監視とコンテキストに応じたデータ分類により、脅威や不正使用を未然に防ぎます。

  • 最新のツールでシフトレフト

    セキュリティチームは、広範で断片的なテクノロジーエコシステムにおける悪意のあるデータアクセスを発見・特定するためのツールがあれば、重要なことに集中することができます。自動スキャンを活用して、脅威と不正使用をコードに定義し、今日のワークフローに適合したテンプレートを使用してガードレールとしてのセキュリティを構築します。

安全なアプリケーションの革新を加速

  • あらゆるワークロードに対応する自律的かつ弾力的なセキュリティ

    レガシー、API、マイクロサービス、サーバーレス機能など、あらゆる形態のアプリケーションを保護します。

  • 包括的なAPIの可視化と監視

    APIの常時監視とコンテキストに応じたデータ分類により、脅威や不正使用を未然に防ぎます。

  • 最新のツールでシフトレフト

    セキュリティチームは、広範で断片的なテクノロジーエコシステムにおける悪意のあるデータアクセスを発見・特定するためのツールがあれば、重要なことに集中することができます。自動スキャンを活用して、脅威と不正使用をコードに定義し、今日のワークフローに適合したテンプレートを使用してガードレールとしてのセキュリティを構築します。

DevOpsにおけるセキュリティの再考と効率化

すべてのアプリケーションセキュリティの一元化

一元化されたプラットフォームから、あらゆるワークロードパラダイムにおいてセキュリティを考慮したアプリケーションを開発することができます。追加コストと複雑さを伴うボルトオンソリューションと、集中管理と高度な分析を提供するシングルプラットフォームとを比較検討します。モダナイゼーションとは、インフラを最小化し、スケールを最大化することです。

コンテキストとリスクを伴う継続的な可視化

クラウドへのITパラダイムシフトは、企業におけるAPIの成長を促進させたに過ぎません。その他にも、モバイルやIoTのデジタル施策がAPI需要を増やし続けています。さらに重要なことは、すべてのアクティブなAPIについて、リスクとともに詳細なAPI仕様の影響を考慮することです。

エンドツーエンドのセキュリティ監視

API の自動検出や実行環境を簡単にするサーバーレス保護は、現代のコーディングに欠かせないものです。 これをエッジおよびデータセキュリティソリューションで補完し、ImpervaのSOCを介して継続的にサポートすることで、どこでもワークロードに安心感を与えることができます。

ImpervaがDevOpsにセキュリティをもたらす仕組みとは?

WAF 4

Web Application Firewall (WAF)

WAF は、あらゆるところで機能します。

詳細はこちら
API Security 4

API Security

公開と同時にすぐに保護されます。

詳細はこちら
RASP 4

Runtime Protection

アプリケーションを内部から保護します。

詳細はこちら
serverless Protection 4

Serverless Protection

セキュリティの盲点を明らかにします。

詳細はこちら