WP Data Risk Analytics - 高リスクインシデントをピンポイントで特定|株式会社 Imperva Japan

Home > データリスク分析 

ユーザーの行動とデータへのアクセスパターンを分析

Imperva Data Security Fabricは、コンプライアンス違反やリスク、データリポジトリへの悪意あるアクセスなどを自動的に検知し、企業全体でデータリスク分析を行う機能を備えています。

アナリストの評価

「KuppingerCole 2021 Leadership Compass: Database and Big Data Security」の総合リーダーに選出

レポートを読む

65以上のデータリポジトリに対応

オンプレミスおよびクラウドデータに対して、業界最高レベルのプラットフォームサポート

データセキュリティ対応ツール

ROIに基づいたカスタマーエクスペリエンス

Impervaはデータセキュリティのニーズを100%満たし、数々の有名企業を支援

レポートを読む

事後対応ではなく、管理する

データリスク分析を行うことで、偶発的なデータ流出から脆弱性を突いた執拗な攻撃まで、幅広いリスクを可視化でき、手遅れになる前に何が起きているかを把握できます。

control stick mobile 708x225 1 1
  • 問題解決までの時間を短縮

  • 単なる異常ではなく、現実的なリスクによって危険度を決定

  • ダメージが発生する前に悪い兆候を発見

  • 監査が失敗する前にコンプライアンス違反を修正

  • クリアな要約で、複雑な問題をわかりやすく説明

  • 誤検知をなくすことで、SOCチームは重要な問題に集中できるように

データリスク分析の仕組み

Impervaは、ドメインセキュリティに関する深い専門知識と機械学習を組み合わせて、安全な業務遂行や社内の規範に違反するユーザー/コンピューターの問題行動を特定します。シグネチャ型検知によって、アクティブな攻撃に対する警告を早期に発することができます。

データリスク分析機能によって、複雑で検知しづらいアクティビティから発生した脅威であっても特定できます。アラート送信は重大な問題が発生した場合に限られ、低リスクの問題は除外されます。

カスタマイズ可能なルールを使用すれば、独自のリスクアトリビュートを分析プロセスに組み込むことができます。

データシートをダウンロードする

person with three monitors mobile 708x232 1 1

機密データにアクセス元を明らかにする

実用性の高いアラート

新たなレベルのシグネチャ型検知、行動分析を体験してください。何十年にもわたるデータベースの専門知識との組み合わせによって実現しました。

アクティブな攻撃の検知

パターンマッチング技術によって、攻撃が成功するチャンスを大幅に減らします。

セキュリティギャップの修正

データ侵害インシデントの発生前にセキュリティギャップを修正するため、データリスクスコアやその他のデータリスク指標を算出します。

Impervaがデータ資産の拡張に役立つ理由

Database Risk and Compliance 1

データセキュリティ、リスク、コンプライアンス

お使いの環境のどこでも運用できるよう設計された単一のサービスで、全データリポジトリ内のリスクを特定し、コンプライアンスを管理します。

詳細はこちら
Data Privacy 1 1

データのプライバシー

クラウド内ならどこにあっても個人データを発見、分類、評価します。

詳細はこちら
Managed Database Security 1 1

クラウドデータセキュリティ

0%の手間で、AWSデータベースに100%の可視性。 Impervaは完璧なAWSデータベースセキュリティを実現します。

無料トライアル