WP Cloud-Native Security - クラウドネイティブアプリケーションを保護する | 株式会社 Imperva Japan

Home > Cloud Native Security 

Cloud Native Security

従来のセキュリティツールには、最新のインフラを保護するために必要な可視性とコントロールが欠けています。 Impervaはクラウドネイティブテクノロジーに統合され、クラウド運用を拡大しながらビジネスを保護します。

実績のあるリーダーシップ

ガートナー社のマジック・クアドラントでWAAPのリーダーの1社として評価されています。

65以上のデータベースをカバー

クラウドデータベースをサポートする業界で最も完全なプラットフォームです。

お客様の声

2021年12月時点において、WAAP市場でのImpervaに対する総合評価は103件回答に対して5段階中4.7です。

新しいインフラへの攻撃機会

デジタルインフラのテクノロジー選択肢が大幅に多様化したことにより、攻撃対象が拡大し、セキュリティ上の課題が増加しています。

New infrastructure attack opportunities mobile 1
  • クラウドによるリスクの変化を理解

    インフラは、何時間もオンラインのままのサーバーから、毎秒再配置されるコンテナへと変化しています。

  • 開発者に縁遠いセキュリティ

    多くの構成は、IT運用とセキュリティプロセスを考慮しない開発者によって管理されています

  • レガシーセキュリティはここでは役に立ちません

    従来のセキュリティツールでは、DevOpsモデルの境界やオペレーティングシステムから保護することはできません。

  • クラウドでは攻撃手法が全く異なります。

    OWASP API Top10やOWASP Serverless Top10は、従来のトラフィック解析では検知できません。

新しいインフラへの攻撃機会

デジタルインフラのテクノロジー選択肢が大幅に多様化したことにより、攻撃対象が拡大し、セキュリティ上の課題が増加しています。

  • クラウドによるリスクの変化を理解

    インフラは、何時間もオンラインのままのサーバーから、毎秒再配置されるコンテナへと変化しています。

  • 開発者に縁遠いセキュリティ

    多くの構成は、IT運用とセキュリティプロセスを考慮しない開発者によって管理されています

  • レガシーセキュリティはここでは役に立ちません

    従来のセキュリティツールでは、DevOpsモデルの境界やオペレーティングシステムから保護することはできません。

  • クラウドでは攻撃手法が全く異なります。

    OWASP API Top10やOWASP Serverless Top10は、従来のトラフィック解析では検知できません。

最新テクノロジーを安全に導入する

Enhance business agility 1

ビジネスの俊敏性の向上

最新テクノロジーの活用を加速させます。

Shift security left 1

セキュリティのシフトレフト

開発チームが本番環境に移行する前に、セキュリティに関する問題を特定して解決できるようにします。

Expand security enterprise wide 1 1

企業全体にセキュリティを拡張

セキュリティチームがクラウドに保存されている最新のアプリケーションと機密データの保護を支援します。

Cloud-Native Securityの製品ポートフォリオ

概要

Imperva API Securityは自動化されたポジティブセキュリティモデルでAPIを保護し、アプリケーションの脆弱性を検出し攻撃をブロックします。

Api security 1
詳細はこちら
Api security 1

概要

Imperva Serverless Protectionは、AWS Lambda Layersで動作し、サーバーレス機能におけるセキュリティの盲点を明らかにし、可視化と自動的な軽減によって開発に対応します。

Serverless protection dashboard 1
詳細はこちら
Serverless protection dashboard 1

概要

Imperva Cloud Data Securityは、AWSとAzureのマネージドデータベースサービスに対して、クラウドサービスプロバイダーから提供される以上のデータの検出、分類、保護を実現します。

CDS dashboard 1
詳細はこちら
CDS dashboard 1