WP データコンプライアンスとプライバシー - データ侵害の罰金を回避する | 株式会社 Imperva Japan

Home > データのコンプライアンスとプライバシーを確保する 

データのコンプライアンスとプライバシーを確保する

地域のデータ保護、コンプライアンス準拠、プライバシーに関する要件は、遵守するためには費用がかかり、監査にも時間がかかります。新しい個人情報保護法により、説明責任が増し、コンプライアンス違反の影響が大きくなります。企業は、コンプライアンスプロセスを合理化し、どのようなデータが、どこに保存し、誰によってどのように取り扱われているかを把握する必要があります。

3年間で152%のROI

最新のForrester Total Economic Impact レポート(TEI)は、データベース監視ソリューションを既に使用している場合でも、Impervaによって大幅にコストを削減されることを数値化しています。

レポートを読む

特権アカウントの乱用をブロック

ベライゾンの2021年の年次データ侵害調査レポートによると、内部データ侵害の85%(2020年)は特権アカウントの不正利用に関係していました。

詳細はこちら

SQLインジェクションの増加

Imperva Labsによって分析されたデータ侵害の50%は、SQLインジェクションなどのデータベース攻撃によるものでした。

レポートを読む

コンプライアンスのコスト、負債、リスク

コンプライアンスとプライバシーに手動で対処するのはコストがかかります。コンプライアンス違反による罰則や風評被害はさらに深刻で、受け入れがたいリスクとなります。Impervaは、企業がデータ・コンプライアンス規制を確実に満たし、優れたROIを提供します。

Compliance costs liabilities and risk mobile 1
  • ユーザの行動が容易にポリシーから外れます。

    従業員のデータ取り扱いは、企業全体で実施することが困難です。また、コンプライアンスに準拠しているかどうかを判断することができません。

  • テクノロジーの進歩により、データが拡散します。

    組織は、規制対象となるすべてのデータがどこにあるのか、誰がアクセスできるのかを把握していると自信を持って言えるようにならなければなりません。そうしなければ、監査リスクや情報漏えいのリスクにさらされます。

  • エビデンスの収集には膨大なリソースが必要です

    監査人は詳細な文書を要求してきます。手作業では、関連する記録にアクセスできたとしても、人が照合して作成するには時間がかかります。

  • コンプライアンスを無視するとさらにコストがかかります。

    監査で指摘を受けたり、データ漏えいが発生したりすると、多額の罰金や、規制当局の監視強化によるコストが何年にもわたって発生することがあります。

コンプライアンスのコスト、負債、リスク

コンプライアンスとプライバシーに手動で対処するのはコストがかかります。コンプライアンス違反による罰則や風評被害はさらに深刻で、受け入れがたいリスクとなります。Impervaは、企業がデータ・コンプライアンス規制を確実に満たし、優れたROIを提供します。

  • ユーザの行動が容易にポリシーから外れます。

    従業員のデータ取り扱いは、企業全体で実施することが困難です。また、コンプライアンスに準拠しているかどうかを判断することができません。

  • テクノロジーの進歩により、データが拡散します。

    組織は、規制対象となるすべてのデータがどこにあるのか、誰がアクセスできるのかを把握していると自信を持って言えるようにならなければなりません。そうしなければ、監査リスクや情報漏えいのリスクにさらされます。

  • エビデンスの収集には膨大なリソースが必要です

    監査人は詳細な文書を要求してきます。手作業では、関連する記録にアクセスできたとしても、人が照合して作成するには時間がかかります。

  • コンプライアンスを無視するとさらにコストがかかります。

    監査で指摘を受けたり、データ漏えいが発生したりすると、多額の罰金や、規制当局の監視強化によるコストが何年にもわたって発生することがあります。

合理化、コスト削減、リスクの軽減

データのインベントリ、監査レコードの保持、レポート作成、リスク評価などのデータ関連プロセスの手動タスクは、自動化する必要があります。コンプライアンスのオーバーヘッドコストを確保するには、監査サイクルを大幅に削減する必要があります。

Streamline reduce costs and mitigate risks mobile 1
  • データの検出、分類、リスク評価

    データを自動的に検出、分類、そのアクセス権限がコンプライアンス違反やデータ漏えいの原因となっていないかどうかを評価する必要があります。

  • 監査記録の保持とアーカイブ

    監査記録の保存は、監査対象となるすべてのデータ資産の古いログ情報を自動的に保存し、アーカイブ化することで、情報を入手しやすく、アクセスしやすくします。

  • レポート作成とコンプライアンスの証明

    SOX法PCI法、NYDFS法、HIPAA法GDPR法など、様々な規制に対応するためには、監査報告書が必要です。監査を前に、悩む必要はありません。

  • 職務の分離とアクセス行動の監視

    監査責任は、データベース管理から簡単に分離できなければなりません。そのため、特権的なユーザーを監視し、Separation of Duty(職務権限の分離)の要件を満たすことができます。

合理化、コスト削減、リスクの軽減

データのインベントリ、監査レコードの保持、レポート作成、リスク評価などのデータ関連プロセスの手動タスクは、自動化する必要があります。コンプライアンスのオーバーヘッドコストを確保するには、監査サイクルを大幅に削減する必要があります。

  • データの検出、分類、リスク評価

    データを自動的に検出、分類、そのアクセス権限がコンプライアンス違反やデータ漏えいの原因となっていないかどうかを評価する必要があります。

  • 監査記録の保持とアーカイブ

    監査記録の保存は、監査対象となるすべてのデータ資産の古いログ情報を自動的に保存し、アーカイブ化することで、情報を入手しやすく、アクセスしやすくします。

  • レポート作成とコンプライアンスの証明

    SOX法PCI法、NYDFS法、HIPAA法GDPR法など、様々な規制に対応するためには、監査報告書が必要です。監査を前に、悩む必要はありません。

  • 職務の分離とアクセス行動の監視

    監査責任は、データベース管理から簡単に分離できなければなりません。そのため、特権的なユーザーを監視し、Separation of Duty(職務権限の分離)の要件を満たすことができます。

自動化によって規制コンプライアンスのコストを削減します

監査の加速

プロセスを自動化することで、組織は監査を迅速に完了することができます。データ保持の合理化とデータへのライブアクセスにより、監査の質問への回答が容易になります。

コスト削減

コンプライアンス担当者の生産性と有効性を向上させます。チームは、より多くのことを短時間で達成し、より良い結果を得ることができます。

罰金やブランド失墜の回避

インシデントが発生する前にユーザーの不適切な行動を特定することで、コンプライアンス違反のリスクを軽減し、データ侵害を回避します。

Impervaがデータコンプライアンスにどのように貢献するのか

Managed Database Security 1 1

Database Security

Imperva Database Securityは、規制対象となるデータコンプライアンスとビジネス情報資産のセキュリティを自動化、簡素化し、コストを削減します。

詳細はこちら
Data Privacy 1 1

Data Privacy

Imperva Data Privacyにより、企業は機密データや個人データの漏えいをより正確に把握できるようになり、プライバシーのコンプライアンスを容易にします。

詳細はこちら